--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/04/22 (Wed) time passage

2015-4-22-1.jpg

この場所では沢山写真を撮りました。
でも、ほとんどは使われないままなので、その中から1枚を
選んでみました。時はあっという間に過ぎて行きますね。


スポンサーサイト

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(0) |


2013/01/30 (Wed) ダンスレッスン


 
今回も去年撮った写真を。
「今日はダンスレッスンの日です。先生のお宅へお伺いしました」
みたいな感じで組んでみました。

写真を撮っていないと言いながら、写真に関する野望が3つある。

1つ目は、何度か書いたことがあるけど、少し大きなコンテストへ
応募すること。しかし、これはそのコンテストのテーマに沿って
撮らなければいけないばかりか、応募できるぐらいのクオリティ
の写真を撮らなきゃいけないので、そう簡単には無理そうだ。

2つ目は、競馬の写真を撮ること。
もう撮りたいイメージはあるので、そのイメージになるまで何百
枚も撮れば良いんだろうけど、超望遠のレンズがない。
価格の割りに評判が良いタムロンの70-300mm F/4-5.6を買って
みようかと思ったこともあったが、これを使うのがその1回では
さすがに勿体無い。

3つ目は、料理の写真。思い浮かぶのは中華のコースで、これは
会社の新年会で個室で何度か食べたことがあるので、今年あれば
直ぐにでも撮れる。忙しくて先延ばしになっているで、ひょっと
したら可能性があるが、ここ2年は万世ですき焼きなんだな。
すき焼き好きだけど、今年は中華で良いぞと思っている。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(0) |


2013/01/20 (Sun) オフショット



去年撮った写真を。
ちょっとオフショットっぽい感じなので、そのままタイトルに。
気軽に撮影してみたら、意外と良かったみたいな雰囲気があるし。

Megさんとは、もう2ヶ月近く会ってないんだけど、メールで、今日ベリーショート
にすると言う。じゃあということで、それに合わせて自分も理髪店でベリーショート
にしてみた。あっ、いつもと同じだったか。。。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/12/16 (Sun) オータムブルー / 秋空の下




オータムブルーって、紫陽花の種類のひとつらしい。良い名前だ。

ある時期から、露出をマニュアルにしている。
やる前はとってもハードルが高そうな気がしていたし、カメラ任せの
方が単純に楽だと思って避けていたのだけど、慣れればこっちの方が
断然楽である。なにより、オーバーやアンダーの写真が極端に減る。
最初からこっちで覚えれば良かったな。何年かを損した気分だ。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/12/02 (Sun) 秋の日差し

2012-12-2-1.jpg

この時は沢山撮ったので、同じシチュエーションのを組み合わせてみるのも
面白いかなとやってみた。フレアもこのくらい大きなものだと、勿論ファインダー
越しにも確認出来たんだけど、あえて外さないで入れてみた。

撮影したレンズはタムロンの24-70mmF/2.8DiVCなのだが、下取りに出す
のはちょっと勿体無い気がして来た。
しかし、同じ焦点距離のズームは2本いらないしなぁ。

予約してあるCanonのEF24-70mmF4LISのまともなレヴューが出るのは
ずっと先だろうし、その間にタムロンの下取り価格は下がるだろうしと、
ちょっと悩みどころだ。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/11/22 (Thu) Blue Chair

2012-11-22-1.jpg

とあるホテルの中庭に青い椅子が並べてあった。
どうやら、少し前に、ここで結婚式が行われていたようである。
厳かな空気が、まだ少し残っていたから間違いない。
そんな神聖な場所で、我々ちょっと遊んじゃってますが。

「幸せになる為に生まれて来た」ってのは誰の歌だったかな。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(0) |


2012/10/21 (Sun) 久しぶりです



3ヶ月振りにMegさんを撮影しました。
また、ちょこちょこと彼女の写真を貼って行きたいと思います。



TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(6) |


2012/10/08 (Mon) ファンダー越しの笑顔



ほぼ1年振りに酷い風邪を引いてしまいました。
それでも、午後からは少し良くなったので、久しぶりにカメラを
持って、隣の駅である中野を、短時間ですが歩いてみました。

沖縄が関係しているらしいイベントをやっていたので、近寄って
行ってかなり真剣に撮ってみましたが、そう簡単に良い写真は
撮れる筈もなく凹みました。
それでも、笑顔があるとそれを残したい衝動に駆られます。

ちょっと前の話ですが、ギャラが発生する撮影の話がありました。
勢いで引き受けてしまったことを後悔し、自分の心の中で紆余曲折
を経て「本当に大丈夫なのか?」との不安を払拭できないまま当日
を迎えました。しかし、もう覚悟を決めてやるしかありません。

撮影の日、誰よりも早く現場に到着し、残りの3人のプロカメラマン
を待ちました。そう、僕の他はみんなプロです。
でも、自分もお金を貰うわけですから、引け目を感じている場合では
ありません。もうやるしかないと、そう自分に言い聞かせました。

結局、朝から降り続いていた雨が止まず、撮影は中止になったの
ですが、あのまま決行されていたらどうだったんだろう。

ファインダー越しの笑顔はちゃんと撮れたんだろうか。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/09/02 (Sun) 初夏の頃


 
本来なら違うタイトルを付ける所なんですが、7月に撮ってそのまま
にしてあったので、敢えてこのタイトルにしてみました。

精神的に不安定だと、音楽を聴く気持ちにはなりませんね。
2週間ほど何も聴くことはありませんでした。
初めて聴いたのが下に貼ったJoe Walshでした。
とても心に響いたので、こっちにも貼りたくて移動しました。

2012-9-2-2.jpg




TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(0) |


2012/07/22 (Sun) bleach bypass



ふとしたことで、bleach bypass(銀残し)という言葉を知る。
その手法を使った写真の雰囲気がとても良かったので、自分でも
使いたいと思って検索したらAdobeソフト用のプラグインがあった。

2012-7-22-2.jpg

2枚目、あまり意識せずに撮ると右下がりになってしまうな。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/07/07 (Sat) あいのうた

2012-7-7-1.jpg

1枚目だけなら「ロックンロールMeg」なんてタイトルも
あったかなぁと。撮影した日は生憎の空模様だったので、
前にも行ったことがあるカフェ3階のフリースペースへ。

前もって連絡して、何か(お花とか)でデコレーション
したりすると、また違った雰囲気のが撮れそうな気がす
るけど、可能なんだろうか。

次回はスカッと晴れて、海へ行きたいな。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


2012/06/19 (Tue) カフェレストランにて



カフェレストランって、造語だろうか。
「お茶が基本だけど、軽い食事も出来ますよ」っていう、これほど
分かり易い言葉もないと思うのだが。

写真は最近気に入ってる、そのカフェレストランで撮ったもの。
撮影の許諾を取ってから始めるんだけど、他にお客さんが居る場合
は勿論ストロボなんか焚けないし、でかいカメラを取り出すことす
ら躊躇する。一度は、お洒落なスタジオみたいな所で思う存分撮っ
てみたいな。いや、最初は上手く撮れないだろう。それ自信がある。

2012-6-19-2.jpg

TBS系の番組「情熱大陸・井上真央が撮る小田和正」を観た。
2週に分けての放送だったが、正直前編を観た感想は良くなかった。

何より、彼女が撮るってことに意味があるんだから、当然ナレーション
も彼女がやるべきなのだ。しかし実際は専属のナレーターが半分以上
を喋っていて、しかも、彼は「小田さん」と呼ぶのだ。

ドキュメンタリーの主題となる人を「さん」付けで呼ぶことからして、
出てくれたことに感謝し、気を使ったのは容易に想像出来るが、要す
るに腰が引けてる訳で、どうも番組に入り込めなかった。

しかし、後編は変化があった。
彼女のナレーションが増え、専属のナレーターが「小田」と呼ぶ。
これほど統一性のない「前・後編」は観たことがないが、彼女の
ブログに記述があったように、前編の賛否両論を真摯に受け止め、
試行錯誤した結果なのだろう。(後編は放送の前日の夜まで編集
したらしい)

番組を観る前から分かっていたが、主役は井上真央ちゃんである。
「彼女が撮る」ってことが一番の重要課題である筈である。
前編はそれがどっち付かずだったが、後半はそのバランスが程よく
取れていて「彼女である必然性」が感じられた。

前編をもう一度再編集して、2時間ぐらいでDVD化してくれないかな。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(0) |


2012/06/09 (Sat) しろつめぐさの花が咲いたら

2012-6-9-1.jpg

Megさんによると、このタイトルは「あらいぐまラスカル」の主題歌の
出だしらしい。世代が違うせいか、僕には全然記憶がないけど(苦笑)
一面に咲いたら綺麗だろうな。しばらくしたら、また行ってみよう。

さて、昨日CanonからEF40mm F2.8 STMが発表された。
少し前のコメント欄でDX用ではあったけど、Nikonの40mm F2.8マクロ
の話が出た時に「自分じゃ買わない」と答えたが、今回のはちょっと違う。
Canon、EFマウント初のパンケーキレンズなのである。

2012-6-9-2.jpg

しかも、発売前なのに実売で18000円ほどである。
5D Mark IIIにパンケーキレンズが合うがどうかは別にして、
写りがそこそこでも、ボディキャップの代わりにもなるしね。
と買う言い訳を考えている僕なのであった。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/05/27 (Sun) アートな気分で



壁がアートな雰囲気だったので、それに合わせてMegさんが
いろいろポーズを取ってくれた中の1枚。

小田さんのコンサートにまつわる話を少し。
福島でのコンサートの開演前にかかっていたのはボニー・レイット
曲に聞き覚えがなかったけど、声が確かに彼女なので間違いない筈。

それと「懐かしい曲をメドレーに」と始まったコーナーで、バックに
映像が流れるんだけど、その中で細身の外人とのツーショットが出て
くる。一緒に写っているのは、亡くなってしまったTOTOのドラマーで
あったジェフ・ポーカロだ。

小田さんのファーストソロアルバムの参加しているので、おそらくその
時の写真だろう。ちなみに、このアルバムでギターを弾いているのは
ダン・ハフだ。多分スティーブ・ルカサーが忙しくて使えなかった
んだろうけど、そのおかげで小田さんのアルバム中、最もハードな
ギターが聴ける。「ダン・ハフ」をクリックして出てくる楽曲に少し
だが、そのアルバムと同じテイストがあるのが興味深い。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


2012/05/23 (Wed) 福島スナップ



コンサートの翌日、新幹線の時間までブラっと歩いて写真を撮りました。
別にテーマはありません。全部で10枚あります。

2012-5-23-3.jpg

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


2012/05/20 (Sun) 福島へ



週末を利用して、福島市へ小田(和正)さんのコンサートに行って来ました。
福島県は、生まれてから9歳まで住んでいた、いわば出身地でもあります。
行く前はちょっと心配していましたが、少なくとも福島市はなんの変わりも
なく、元気な街に見えました。本当はいろんな不安を抱えているんでしょうけど
みんな明るく居て欲しいです。ほとんど記憶にないですが、やっぱり僕に
とっては故郷のひとつに変わりはないですから。

2012-5-20-2.jpg

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


2012/05/13 (Sun) 初夏の風



撮影時、生憎の曇り空でしたが、初夏の雰囲気は出てるでしょうか。

先日、再び、我が母校上北鉱山小学校のクラスメイト4人で会う機会
がありました。皆の想いは「もうひとりぐらい巻き込みたい」です。
http://sato5.blog19.fc2.com/blog-entry-635.html
この写真に思い当たる方がいらっしゃったらコメントください。

少々遠くても、皆で会いに行きます(^^)

2012-5-13-2.jpg




TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(4) |


2012/05/06 (Sun) いつか、きっと



今は蛹(サナギ)だけど、いつかは蝶になると信じたい。
いつか、きっとって。

写真は、1階が雑貨、2階がカフェ、3階がイベントスペースのビル。
2階でお茶してから、3階のイベントスペースが空いているのを知っ
ていたので、お店に人に撮影承諾を得てから撮影した。

その後、出口で話を聞いたら、なんとビル全体で撮影がOKだった
とのこと。なにやら、そのビルで撮影した写真を、3階のイベント
スペースを借りて展示出来る催しがあると言うではないか。

もっと早く言って欲しかったなぁ。だって「私たちを撮影した方も
いらっしゃいましたよ」なんて言うんだもん。そんな機会は滅多に
ないでしょ。次回は絶対参加したいと思ったのだった。

2012-5-6-2.jpg

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


2012/05/01 (Tue) TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC

2012-5-1.jpg

予定通り購入しました。
開放での周辺光量落ちが大きいので、開放で撮るのが大好きで
四隅が暗くなるのが嫌いな人には向かないレンズかと。
それと、点光源に年輪ボケが出る場合がある。しかし、それを
差し引いても強力な手振れ補正があるので、自分では買って
良かったレンズであるかな。JPEG派には歪曲収差も優秀である。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。