2007/01/03 (Wed) いま羽ばたく時



今日実家から帰って来ました。
あさってから仕事だと思うと、もうブルー入ってますが(苦笑)
それはともかく、今年もよろしくお願いします。

写真は実家の近くにある、千葉県の手賀沼という所で年末に撮りました。
鳥に詳しくないので種類は分かりませんが、可愛らしい鳥でした。

せっかくの年頭なので、今年の目標などを書こうかなと思いましたが
それは次回にでも。いや、大したこと考えてません(笑)

TAMRON SP28-75 F2.8 | comment(2) |


<<挑む | TOP |

comment

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

というわけで、Satoさん、こんばんは。
今年最初の写真は、Satoさんには珍しい・・・と言うか初めて?の鳥の写真ですね。
この鳥は恐らく「ヒヨドリ」だと思いますが、太陽の隠れ具合が不思議なほどに正月にピッタリですね。まさに日の丸写真ですが、混沌とする世界に真実を見つけ出そうとしている哲学者のようなそんな雰囲気さえあります。

・・・などと、自分でも何を言っているのかよくわからなくなりましたが(笑)、上にコンテストに応募されるとの記事がありますよね。
次の選者がどなたかは存じませんが、やはり出すべきですよ。
出さないと他者の写真に関心が持てなくなる。その結果、自分の写真さえもどうでもよくなってしまう。という悪循環に陥ってしまうかも知れません。
写真を通して自分を表現する目的は、Satoさんご自身が仰っているように「誰かに認められること」ですよね。
誰も自分を観てくれないのなら、自分を表現する必要など無いのですから。

そんなわけで、コンテストに挑戦されることは大賛成なんですが、ただ一つ、現在の主流の写真というかその方向性を見つけた方が良いかも知れないですよ。
僕が思うそれは、「写真とは本来、人を楽しませるために存在するもの」を具現化したものだと認識しています。つまり、独りよがりの写真では相手にされないということです。もちろん、Satoさんの写真が「独りよがり」だと言っているわけではないですよ。ただ、そういう自分なりの答えを見つけていく作業をもしていかなければ人に認められることはないということです。要するに、上手ければ良い、という時代は過ぎ去ったということですね。

というわけで、今年もお互いに前を向きながら歩いていきましょう(^^)

2007/01/05 21:58 | akasaka [ 編集 ]


 

akasakaさん、こんばんは。
え~、とっても変な時間に書いてますが、初日から残業になってしまって
こんな時間に書いています。

こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

鳥の写真は、鳩とかは撮ったことがありますけど、野鳥は初めてだと思います。
正直、撮りたい対象に鳥は入ってなかったのですが、沼の周りは小さい木が沢山あって
そこに来るんですよ。木はお散歩コースに沿って生えてますから、可愛い鳴き声
につられて、初めて真剣に撮っちゃいました。

しかし、鳥はこっちの気配を感じると、すぐ移動しちゃいますね。
次々に木を渡り歩くので、太陽越しにする為に自分も凄~く移動しちゃました(^^;

>出さないと他者の写真に関心が持てなくなる。その結果、自分の写真さえもどうでもよくなってしまう

人と比べたり、比べられるのを極端に嫌う人が多いと思うんですが、向上心は他の人が居て
初めて湧き上がって来るものですもんね。

>ただ一つ、現在の主流の写真というかその方向性を見つけた方が良いかも知れないですよ
>そういう自分なりの答えを見つけていく作業をもしていかなければ人に認められることはないということです

この部分を何度も読み返しましたが、それはとても難しいことのように思いました。
自分ではオーソドックスで普遍的な感じがするものが好きなんですが・・・。
それに、現代の主流ってのも良く分からないです・・・う~む。

人の琴線に触れる写真は、そんなに変るものではないと思って撮ってるところ
があるんですけど、ちょっとしたことで時代を反映できるかも知れませんね。
まぁ、とにかく悩めということだと解釈しました。悩まなくなったら終わりだと。

あっ、じゃ大丈夫ですね、僕は!(笑)

ちょっと冗談めかした終わり方ですが、今年も悶々と頑張りますよ!

2007/01/06 04:27 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ