2007/05/21 (Mon) ♪~



その他 | comment(6) |


<<夏祭り | TOP | 空間>>

comment

 

いいですね~、megさんのお写真。
標準レンズ相当での撮影ですか、立体感、距離感が自然で見ていて落ち着きますね。
やっぱりこうでなきゃ。

モノクロ仕上げで余計、megさんの表情が優しく感じられますね。

2007/05/21 19:00 | むろんた [ 編集 ]


 

むろんたさん、こんばんは。
写真の感想をありがとうございます(^-^)

人を撮る場合は、35mm~50mmぐらいの標準域がやはり撮り易いですよね。
しかし、安定感がある代わりに平凡ともいえると思うので、そこが難しいですねぇ。
なので、2枚並べてみたり、ハイキーにしてみたりと、ちょっと手を加えてみました。
いや、普通に撮って、それだけで良い写真が一番だと思うのですが、それが中々
難しくって、思うように行きません。

音楽の世界では、ご存知かも知れませんが「ラブソング」で「良い曲を書く」のが
一番難しいって云われているんですよ。出し尽くされてるってこともあるでしょうし、
分かりやすいから、評価し易いってこともあるかも知れませんね。
結局は、普遍的なものに勝るものなし、ってことなんでしょうか。

写真に興味ない人が「この写真好き」っていうのが、本当は
良い写真なのかも知れませんね。

2007/05/21 23:19 | Sato [ 編集 ]


こんにちは。 

satoさん、こんにちは。

久々の書き込みです!

私の思い描いているMegさんは、こんな雰囲気なんですよ~♪

ほっぺに手を置いているしぐさが、ちょっぴりおちゃめな感じがして・・
可愛らしくて、優しくて、穏やかなふんわりした中に、イタズラ心が見え隠れしてしまうような・・そんな印象をうけました。
右側のほうが私は好きです(^^;

でも、カラーとモノクロとでは、同じ服でもまるっきり雰囲気が変わりますね!!

2007/05/22 17:39 | miho [ 編集 ]


 

Satoさん、こんばんは。

こういう背景の真っ白な写真は好んで僕も撮りますが、シンプルであるが故に被写体だけに目がいきますよね。
と言うことは、被写体の写真写りや表情、仕草、構図や撮影タイミングなどに評価基準が集中するわけです。

という観点から拝見しますと・・・
まず、どちらかと言うと、右の方がMegさんがチャーミングに撮れていますね。
また、手や瞳、洋服などの質感も右の方が良いですね。左のは若干後ピンになっているようですから。

ですが、構図や表情は左の方が良いと思います。
右の写真では左側の空間が冗長しているような印象があるのに対し、左の方は首の傾き加減が少し違うだけなのに左側の空間が生きているように思うのです。

ただ、最初に書いたように、この手の写真は「被写体の写り」がとても重要ですから、右の写真の写りで左の写真の構図(ポーズ)だったら良かったですよね。
逆に言うと、だからこそSatoさんは迷いながらも2枚並べたのではないかと思うのでした。

あともう一つ残念だったのは、背景が白一色ではなかった点ですね。
グラデーションを残すのならば、もう少し綺麗な方が良かったです。

2007/05/22 21:30 | akasaka [ 編集 ]


 

mihoさん、こんばんはぁ。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
暑くなって来ましたけど、お元気ですか?そして今でも・・・あっ、きっとこれ知らないですね(^^;

mihoさんが想像しているMegさんは、こんなイメージなんですね!
実際はどうでしょうねぇ。見た目よりもお茶目なのは事実かも知れませんね。
それに、彼女「関西」ですからね(笑)

写真は右側の方が好きでしたか?

実は僕は左側が良いんじゃない?って推してたんですよ。
でも、Megさんは右側が気に入ってたようなんですよね。
やはり女性と男性では好みが違うんでしょうか・・・勉強になります(^^;

>でも、カラーとモノクロとでは、同じ服でもまるっきり雰囲気が変わりますね!!

本当ですね。いやぁ、言われて初めて気が付きました(^^;
というか、彼女の部屋なんだから、違う服に着替えて貰えば良かったですね。
そんなとこ気が利かないですね、私(苦笑)

2007/05/22 22:05 | Sato [ 編集 ]


 

akasakaさん、こんばんはぁ。

えっとですね。

>右の写真の写りで左の写真の構図(ポーズ)だったら良かったですよね。

ズバリそうなんですよ!

mihoさんのお返事にも書きましたが、僕は表情は左側がいいと思ってましたので、
選ぶとすればこっちだと言ってたんですね。
でも、右側に貼った写真を見直したら、総合的には右側の方がいいんじゃないかと
思い直したわけです。で、今回の写真になったのです。

それに何故か、おっしゃるように左はピントが甘いんですよね。
こんな小さな写真なのに、よく分かりましたね。

同じ場所で何枚か撮ると、表情はこっちだけど、ポーズはこっちだよね。
なんてことがよくあります。でも、正直いうと撮ってる時は分からないんですよね。
その微妙な感じが分からない。

いま思いましたが、ポーズを決めてから表情待ちがひとつの解決法でしょうか。

バックの処理はですね、完全に飛ばすかどうかで迷ったんですが、顔の調子を
基本にしたので難しかったんですよ。
でもハイキーな感じにしたかったのですから、思い切って飛ばしてしまえば
良かったですね。

2007/05/22 22:47 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ