2007/10/29 (Mon) 秋ゆく街で(第二章)



夢を見ました。
そこは湖畔か海辺です。夕焼けが水面に反射してキラキラしています。
「広角レンズでここはこう入れて」と構図を考え、カメラを構えます。
しかし何故か水面のアップしか見えません。ふとレンズを見ると、そこには
タムロンの90mmが・・・。「仕方がない」と出来るだけ後ろへ下がろうとします。
しかし、どこまで行っても水面のアップしか写りません。「何故だ~!」と叫んだ
ところで目が覚めました。なにかの予言か?(笑)

その他 | comment(4) |


<<軍服の少年 | TOP | 秋ゆく街で>>

comment

 

Satoちゃん。

>夢を見ました。

なかなか面白いねー。
被写体との「距離」について苦悩している、という夢のようですね(笑)
でも、それだけ一生懸命に考えいるってことの証だね^^

こうやって観ると見映えはするけれど、ブーツのヒールがやはり高いねぇ。
危ないので自転車を漕ぐ時はぺったんこの靴を履いて、
撮影の時だけ履き替えたのは正解でした。
でも、手にブーツを提げて持ち歩く姿はかなり滑稽だったわ(苦笑)

2007/10/30 00:31 | Meg [ 編集 ]


 

Satoさん、こんばんは。

なるほど、前回の発展型がこの写真なんですね?
こういう写真のある意味理想的な写真だと思いますよ。

ただ・・・
これはモノクロではなく、色を抜いたのですよね?
で、問題は、「秋」をイメージとした色になっているか?です。
と言うのも、この写真から秋を連想させるのは、ブーツと色になりますよね。
ブーツはともかくとして(ブーツ=秋、とは限らないので)、この色で良かったのかどうか。
もちろん、Satoさんがそう決めたのですから他人がとやかく言う必要は無いのですが、少なくとも僕はこの写真から秋を感じられないんです。

「秋」というキーワードが無く、単純に写真だけを見れば、冒頭に書いたように理想的なスナップ写真だと思うんですよ。
あの「ただ君を愛してる」を模した写真よりももっと本物の「ただ君を愛してる」のあのシーン(手を挙げてるやつ)に近いです。それは、撮影者が極めて客観的な視点に立ち、被写体(Megさん)も撮られることを全く意識していない、そういう雰囲気が漂っているからなんでしょうね。
モノクロっぽい色合いも、撮影者と被写体を隔絶させるイメージを作っていますね。

そんなわけで、色とコントラストをさらに追求して、「秋」ではないもっと抽象的な観念の写真になっていればと思ったのでした。

ところで、

>どこまで行っても水面のアップしか写りません。

つまり、水の中に自分自身が半分くらい入っちゃってるってことですよね。

>「何故だ~!」と叫んだところで目が覚めました。

そうか、なるほど・・・
気が付いたら、おねしょをしちゃってたんですね・・・。

2007/10/30 20:10 | akasaka [ 編集 ]


 

Megちゃん、こんばんは。
今日もお仕事、ご苦労さまです。

夢の話は面白かった?

夢って不思議だよね。全く同じのも何度も見たりもするし、しかもその何度も見る夢って
いつも嫌なことだったりするんだよね。これって自分だけかなぁ・・・。
たまには億万長者になったのとか、気が付いたらダルビッシュになってたとかないかね(笑)

>でも、手にブーツを提げて持ち歩く姿はかなり滑稽だったわ(苦笑)

周りの人はどう思っただろうね。
これから撮影するモデルさんかと思ったかもよ?
あっ、でも自分で持って歩く人は居ないか(笑)

よく周りの人が見てて恥ずかしい時があるって言うけど、こっちは全然分かんないんだよね。
でも、それが自分だったらと思うと、ちょっと嫌だなと思うよ。

本当にいつもありがとうね(*^^*)

2007/10/30 22:38 | Sato [ 編集 ]


 

akasakaさん、こんばんは。

まずレタッチですが、色を抜いたことは抜いたのですが、セピア調の色をレイヤーで
重ねて、それからオリジナルの方の特定の色を順番に落としていくということをやっています。
オリジナルの色を少し残しているのは、元々色を薄くしたカラー写真が好きという
こともありますし、モノクロに見えて(この場合はセピアっぽいですが)実はそうじゃない
ということを考えました。成功してるかは別にして、そういうことが好きなんですよね。

でも、これが秋の色かと言われると、言葉に詰まってしまいますねぇ。
セピア=秋って固定観念もあったりしますからね。
自分でも斬新なモノクロ色調を作ってみたいのですが、なかなか思うように行かないのが
現実です。POPなモノクロっていうのを作り出したいイメージはあるのですが・・・。

で、タイトルとの兼ね合いですけど、本当は違うのを付けたかったんですが、前日と同じ
場所のを貼っているので、違うタイトルを付けると無理やりっぽいかなぁと思ったんですね。
でも、それはそれで、合っていなかったかも知れませんね。
色合いも含めて、自分の中の「秋」に縛られていたかなぁ・・・。

>そうか、なるほど・・・
>気が付いたら、おねしょをしちゃってたんですね・・・。

うんと小さい頃、そんなことありましたよ。
確かお風呂に入った夢だったかな(^^;

2007/10/30 22:55 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ