--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/06 (Sun) 音楽を持って出かけてみよう


Ennio Morricone - Cinema Paradiso(1989)

撮影に使っているストロボは580EX。40Dの時は問題なく使えていたんだけど、5D Mark IIに替えて
から、ストロボ側で設定しているハイスピードシンクロが何故かクリアされてしまうことが度々ある。
きっとカメラ側の設定がおかしいんだろうな。いつもちゃんと取説を読まないので、それが原因だろう。

写真は、そんなハイスピードシンクロ設定がクリアされたまま撮った、ちょいハイキーなもの。
雰囲気が良いので貼ってみよう。

その他 | comment(2) |


<<その時はじめて | TOP | こころ♪>>

comment

 

Satoさん、こんばんは。

Canonはスピードライトが弱いですね。
僕の知っている多くのCanonカメラマンも設定には苦労しているみたいです。
結果的に、ハイキーな写真が多いですよ。露出が上手くいかないみたい。
その点、Nikonはスピードライトに関しては大変優秀なので助かります。

ただ、露出というと、僕は相変わらず今も悩んでいまして、
構図よりもピントよりも、とにかく露出と発色が今の僕の弱点です。

さて、この2枚の写真、女子カメラ風ではありますが、狙いはそれではなく、
CDのジャケットか、あるいはCDの中に挟まっている歌詞カードの
背景画のようなそんな印象を受けました。
良い意味で撮影者の顔が感じられないような、撮影者が自分の存在を消しながら
客観的な視点で撮影したような、さらに言うとプロっぽいような
そういう雰囲気が特に右側の写真に感じられます。
白い縁取りがそういうイメージを上手に演出していますね。

2009/09/10 22:51 | akasaka [ 編集 ]


 

こんばんは、akasakaさん。

ちょっと前に気になって、家の中でスピードライトの設定を変えながら
色々撮ってみたんですけど、特に異常はなく、普通に発光したんですよ。

5D Mark IIのAVモード時の固定出来る同調速度は1/200とちょい遅めなん
ですが、普段使わないこっちで試してみても、別におかしい所はなかったです。

でも、何故かこの時は、カメラもスピードライトも立ち上げ直しても
設定がクリアされたり、発光量が適正じゃなかったりしたんですよね。

>結果的に、ハイキーな写真が多いですよ

そうそう、大抵ハイキーになっちゃうんです。
上の写真なんか、高輝度側の階調優先にしてるので、ISO200なんですが
露出を最低にしてるのにこれですからね。ワケ分かんないです。

>構図よりもピントよりも、とにかく露出と発色が

露出は前にも仰ってましたよね。
プロに成られたakasakaさんが悩むぐらいですから、やはり露出は一筋縄
では行かないですよね。
個人的には、ハイライトがちょい飛び気味の方が良いと思ったりするのですが、
それも時と場合によるでしょうから、尚更難しいですよね。

>CDのジャケットか、あるいはCDの中に挟まっている歌詞カードの
>背景画のようなそんな印象を受けました

あっ、そうですか?
そういうCDのインナー写真が好きなので、非常に嬉しいです。
実際、これを貼る時も、そんな感じじゃなかないかなと思っていたんですよ。
でも、この手の写真は、仰るように撮り手の姿が感じられないのが
特徴というか、難点でもありますよね。匿名性が強くなっちゃいますね。

2009/09/12 00:27 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。