2010/05/15 (Sat) レッテル

2010-5-15.jpg

下の赤い鳥の「竹田の子守唄」は、今から40年ほど前のヤマハ・ライトミュージック・コンテストの音源だ。
このコンテストには、小田さんが居たオフコースもエントリーしていて、フォーク部門で2位になっている。
そして、この赤い鳥が1位なんだけど、それも当然の凄い演奏である。これでアマチュアとは思えない程の
緊張感とクオリティ。そして存在感。いや、40年後の今聞いても参りました。

Canon EF100 F2.8L Macro | comment(2) |


<<雨の降る日に | TOP | カメラ日和(再掲載)>>

comment

 

Satoちゃん、こんばんは。

知らない間に「ネコ」写真をこうも次々と(笑)

こちらのネコ・たまごん(勝手に命名)は、
「凶暴な猫に変わるときがある」と言われずとも
すでにその片鱗がそのキラリと光る眼差しに
現れておるのではなかろうか・・・。

「赤い鳥」のこの演奏は聴いたことはあったような気がしていたのは
記憶違いだったのかしら。
なんと言うのだろうね。
無防備だと、ちょっと途中から怖いくらいに
ゾクゾクとした身震いに似た感覚に襲われる。
そんな演奏だと思いました。
人の息を止めるようなね。一瞬。

オフコースのカバーを聴いたときは、
「あぁ・・・小田さんの声はなんと可憐なのだろうか」と思ったものだけれども^^

2010/05/17 22:41 | Meg [ 編集 ]


 

Megちゃん、こんばんは。

>知らない間に「ネコ」写真をこうも次々と(笑)

最新の「猫2匹」も良かったでしょ?(笑)
次もだと猫4連発になるから、どうしようか考え中だよん。
写真があれば、当分猫だけでも良いんだけどね。
それも、全部違う感じに出来たらだけどね。

>すでにその片鱗がそのキラリと光る眼差しに

そうだね。
実はフニっとしたのもあったんだけど、こっちを選んじゃった。
そっちと組にすれば良かったね。

>赤い鳥

本当に凄い演奏だよね。
これ聞いて、小田さんが「負けた」と思ったのも頷けるよ。

「風のようにうたが流れていた」に潤子さんが出た時に
「出ちゃった」と言ってたぐらいだから、本人たちも会心の
出来だったんだろうね。

潤子さんといえば、この曲のような歌い方を今はしてない
のが興味深いっちゃ興味深いよ。凄く力強くて、最後の方の
「そこ」に来ると、Megちゃんと同じようにゾクゾクってするよ。

2010/05/18 21:37 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ