2010/06/12 (Sat) 木陰の詩

2010-6-12-1.jpg

全部で5枚あります。

購入してから、ずっと撮ってみたかったギタレレを使っての撮影がやっと出来ました。
実は前々から、ギターやピアノを使って写真を撮ることは難しいと感じていました。
それは、基本的に、楽器を弾くと顔がうつむき加減になるということです。

2010-6-12-2.jpg


元々楽器を弾けない人に小道具として使うなら、逆に何の問題もないのですが、
その楽器が弾ける人になると、嘘を嫌がるので、つい普通に構えてしまうんですよね。

でも、それを撮っても地味になるだけで、あまり面白くないものが撮れてしまいます。
Megさんはギターが弾けるので、そこをどうするかが問題でした。



2010-6-12-3.jpg




2010-6-12-4.jpg


果たして、その結果はどうだったのでしょう。


2010-6-12-5.jpg




SIGMA 50mm F1.4 DG | comment(4) |


<<白山へ | TOP | Time Passages>>

comment

 

こんにちは、

ごく個人的に感じたことを.....
一枚目の写真を見た瞬間、「あ、この方はギターが弾ける。」と思いました。
フレットに置いた左手の感じ、弾いた右手の親指。

本文を読んで納得しました。
表情がうつむいてしまうのはギタリストだからであり、
つまりこの写真は嘘がなくごく自然な写真だと思います。

偉そうなことをいってごめんなさい。
要するに、僕はこの一枚目が一番好きです。

2010/06/14 10:10 | naokichiman [ 編集 ]


 

naokichimanさん、こんばんは。
写真にコメントありがとうございます。

>フレットに置いた左手の感じ、弾いた右手の親指

ギターを弾かれる、naokichimanさんならではのコメントですね。
彼女は基本クラシックから入ってますから、譜面があれば初見で大体弾けるんですよ。
ロック&ポップス系では考えられないですよね。ある意味譜面通りが一番難しかった
りしますから。

>つまりこの写真は嘘がなくごく自然な写真だと思います
>要するに、僕はこの一枚目が一番好きです

そこが難しいところなんですよね。

最初は実際に弾いて貰って、もっと嘘がない感じなんですけど、それだと画になり難いんですよ。
いや、本当に弾いていて、更に雰囲気が出せれば良いんですが、それは僕には相当難しいです。

でも、1枚目は背景の感じも含めて、確かに弾いてる感じもあって自分も好きです。
でも、目指すのは2枚目みたいな写真でしょうか。ギターの意味は?と言われると困ってしまいますが(^^;

2010/06/14 22:54 | Sato [ 編集 ]


 

Satoさん、こんばんは。

こちらではご無沙汰してました(^^;

こうやって、いろんなポーズで比べてみると面白いですね(^^)
ちなみに僕も一枚目の写真が好きです。

理由ですが、僕はギターが弾けないのでSatoさん達のような目線じゃないんですが、一枚目の引き具合がとても絶妙だと思いました。
背景を広くとる事で、Megさんの音楽が森に広がっていくような感じがして、とても素敵だと思いました。
二枚目以降は、もう少し寄っているので、どちらかというとMegさんだけがメインの写真になってますよね。
いや、それはそれですごくいいんですけどね(^^;

二枚目のギターを抱えたポーズは好きですねぇ。
僕が撮るとしたら、このポーズでMegさんに音楽を聴いてる時のように目をつむってもらいます。
顔は正面、少しうつむき加減で。
で、一枚目くらいの引きで撮ります。
なんだか、森の音を音楽のようにMegさんが聴いてるようなイメージになるかなぁ、なんて(^^;
森の音を聴いて、自分の音楽の元になるギターをキュッと抱きしめる感じというか。

一枚目と組みにすれば、Megさんの音楽が森の中に広がっていく感じと、森の音楽を吸収してる反対のイメージができて面白いかな、と思いました。
まあ、僕の個人的なイメージなんで、参考にはならないかもしれませんが(^^;
一枚目を見てから二枚目を見ると、そういうイメージが沸きました。

三枚目と四枚目は、少しストロボ感がありすぎるかなぁ。
森の中やバックに使って撮るなら自然光でも全然イケると思いますよ。

いつものMegさん写真は寄ったものが多いと思うので、たまには引いてみると全体(背景も含めて)のイメージがより沸いてくるかもしれませんね。
ちょっと良い勉強というか、インスピレーションを貰いました(^^)

ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、すごくイメージが沸いたので書かせていただきました(^^;

2010/06/15 19:45 | kei [ 編集 ]


 

keiさん、こんばんは。

>ちなみに僕も一枚目の写真が好きです

keiさんも1枚目が良いと思ったんですね。で、次が2枚目。
実は撮られたMegさんも、この2枚が好きだと言ってたんですよ。

確かに1枚目の距離は、最近あまり撮ってなかったので、後で見て、自分でも
何だか新鮮でした。ここの所、寄ったので良いのが撮ってみたいのもあった
んですが、この感じも悪くないなと思いました。

50㎜ってのも、良かったんですかね。
普通だと望遠にしちゃうこと多いですよね、こんな感じに撮ろうとすると。

>僕が撮るとしたら、このポーズでMegさんに音楽を聴いてる時のように目をつむってもらいます。
>顔は正面、少しうつむき加減で。
>で、一枚目くらいの引きで撮ります。

よし!それ貰った!(笑)
いつも大体「こんな感じのを撮ろう」と最初に思うのですが、いつまで経ってもそこから
抜けて行かないというか、どんどんイメージが膨らんで行くなんてことは稀ですね。
keiさんが書いてくれたのも、ちょっとしたことだと思うんですが、きっと受ける
感じは違って来るでしょうね。要はやはりアイディアなんでしょうね。

>三枚目と四枚目は、少しストロボ感がありすぎるかなぁ

あら、鋭い!
アップした写真は、全部スピードライトに「影取りくん」という、超高級なディフューザーを
使用してるんですが、機材は同じなのにその2枚だけ感じが違うでしょ?
最初何枚か撮って確認したら、ちょっとストロボ感が出ちゃったので、そこでスピードライト
の角度を変えたんですよ。なので、その調整の前後の写真なんです。

いつもなら、外したと思うんですが、今回は沢山貼ろうと思ったので、Megさんの表情が良かった
この2枚も入れてみたのでした。バリエーションがないですけど。

というワケで、次回もよろしくです(笑)

2010/06/15 22:16 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ