--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/07 (Sat) 空へ捧げて

2010-8-7-1.jpg

夕方近くになってから、もんじゃで有名な月島の隣にある佃へ出かけてみる。
佃は、その名の通り佃煮で有名なのだか、あまり意識して歩いたことはなかった。
戦火を逃れたとのとこで、昔ならがの家が沢山あって、改めて行ってみると
面白い場所が結構ある。もうちょっと涼しくなったら明るい内に行ってみよう。

写真は、その佃近くの隅田川沿いにある少女のブロンズ像だ。
空に向かって掲げているのは、可愛らしい帽子である。何の意味があるんだろう。

Canon EF24mm F1.4L II | comment(4) |


<<あなたを想うと | TOP | 帰り道>>

comment

戦火をのがれて 

こんにちわ
satoさん

この写真と曲が合いますね!

予想なんですが昔関東大震災の時に

たくさんの人が火をのがれて川に飛び込んだそうです。

被服跡地から浅草まで大勢の人が亡くなったたんだそうですよ。

あんまり関係ないかもしれませんが鎮魂歌に聴こえます。

2010/08/08 09:56 | タカ [ 編集 ]


 

タカさん、こんにちは。

書いていただいた被服跡地のことを少し調べてみました。

このブロンズ像のことは出て来なかったのですが、震災の被害が一番大きかったのが
「陸軍被服工廠」(最後は”こうしょう”と読んで軍需工場のことを指すようです)で、
それが隅田川沿いにあったことからすると、タカさんが推測された通り、この像は、
その時に亡くなった方たちへ向けて作られた物なのでしょうね。

その気持ちを、少女が帽子を空へ高く掲げている姿に託したと思ったら、とても
胸が痛くなりました。もう一度、近いうちに訪れてみようと思っています。

教えてくださって、ありがとうございます。

2010/08/08 14:02 | Sato [ 編集 ]


 

こんにちは、

関東大震災だったのですね、僕は東京大空襲かなと思いました。

いずれにしても、平和を訴えているような少女像と、あえて夕
陽を隠したようなこの写真を観ているとなにか強いメッセージ
を発しているようで胸が締め付けられます。

2010/08/09 11:30 | naokichiman [ 編集 ]


 

naokichimanさん、こんばんは。

僕もこの像を見た時は、やはり戦争で亡くなった方たちへのモニュメント
かなと思っていました。しかし調べてみると、死者と行方不明合わせて
なんと14万人もの人たちが被害を受けていることを知って驚きました。

あの阪神・淡路大震災でさえ6500人弱とのことでしたから、その規模は
想像を絶しますね。

写真を撮るようになっていなければ、きっとこのブロンズ像にも、そんなに
関心を示すことはなかったかも知れません。ちょっと写真をやってて良かっ
たなと思いました。

>あえて夕陽を隠したようなこの写真を観ていると

本当は帽子の部分に太陽を持って行きたかったのですが、ちょっと間に合い
ませんでした。でも、これはこれで良かったかなと思います。
最初HDR(ハイダイナミックレンジ)風に人目を引くようなレタッチをした
のですが、それも止めてしまいました。何故か普通にしたかったです。

2010/08/09 22:50 | Sato [ 編集 ]












管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

Sato

  • Author:Sato
  • Canon EOS 5D Mark IIIで撮影した
    写真を日記形式で公開しています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。